ロヒンギャ帰還、国連と難民が懸念

ミャンマーで22日から予定されているイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民3,450人の帰還について、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や難民らが懸念を示している。準備期間がほとんどなく、透明性がないと指摘している。フロンティア・ミャンマー(電子版)が20日伝えた。 …

関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易摩擦の影響に備えるべき=財務相(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

街路の景観整備、ヤンゴンで試験事業が開始(09/18)

ゾウコンニャクが値上がり、日中の需要増で(09/18)

マンダレーのコーヒー工場、解雇反対でスト(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

観光銀行、ネピドーにも店舗=3カ所目(09/18)

民間看護学校4校開校へ、人材不足解消で(09/18)

中国雑誌に批判、マンダレー王宮を侮辱(09/18)

シャン州で停戦中に戦闘、市民1千人が避難(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン