ロヒンギャ帰還、国連と難民が懸念

ミャンマーで22日から予定されているイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民3,450人の帰還について、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や難民らが懸念を示している。準備期間がほとんどなく、透明性がないと指摘している。フロンティア・ミャンマー(電子版)が20日伝えた。 …

関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

韓国人感染者と接触した22人、自宅隔離指示(18:48)

肺炎影響で繊維産業が苦境 大量失業、貿易に影響懸念(02/26)

中国人観光客3割減、新型肺炎で(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

JICA、ミャンマーに肺炎検査キット提供(02/26)

ミャンマーで改憲案審議、実現性乏しく(02/26)

タイ損害保険ティパヤ、カンボジア進出へ(02/26)

国会が憲法改正案の審議入り、3月5日まで(02/26)

東西回廊の開発にタイが融資、2300万ドル(02/26)

保健省が感染症法案、情報管理措置に懸念も(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン