「国軍と関係」企業、グーグルなども追加

ミャンマーの人権保護や民主化などを支援する国際的な非政府組織(NGO)「英国ビルマキャンペーン」は19日、ミャンマー国軍または同国の人権侵害や環境破壊に関与しているとする外国企業のリストを更新した。新たに追加された38社には、米グーグルの親会社アルファベットや米ア…

関連国・地域: 中国ミャンマー日本米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ビザ発行停止など、今月15日まで延長(14:12)

不要不急の外出が増加傾向 小売店など7割水準に=グーグル(06/02)

公務員の全員出勤を再開、6月1日から(06/02)

太陽光発電入札、期間延長はしない=エネ省(06/02)

印から帰国者4人感染、累計228人=1日朝(06/02)

コロナ検査、東部モーラミャインでも可能に(06/02)

罰則強化の新感染症予防管理法、下院が可決(06/02)

ベトテルグローバル、今年は15%増収を目標(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン