• 印刷する

東京の水産物見本市で5千万ドルの成約目標

インドネシア海洋・水産省によると、21~23日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される水産物見本市「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー(JISTE)」に国内企業が出展し、例年並みの3,000万~5,000万米ドル(約32億~53億円)程度の新規契約獲得を目指す。水産物の対日輸出は、2015年から輸出量が年3%、輸出額が年0.5%のペースで拡大している。20日付インベストール・デーリーが伝えた。

海洋・水産省の統計によると、上半期(1~6月)の水産物の対日輸出実績は、輸出量が前年同期比17%増の5万5,410トン、輸出額が0.3%増の3億1,842万米ドルだった。このうちエビが4%増の1万6,220トン、マグロ・スマ・カツオが46%増の2万550トン、イカ・タコが8%増の1,100トンだった。

海洋・水産省のマフムッド海洋水産物競争力強化局長は「日本へは最近、ウナギの輸出も伸びている」と述べた。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ影響続く(21:01)

ANAの成田4便と羽田運休、8月も継続(21:16)

3月の貧困率9.78%、5年ぶり上昇(21:16)

観光業、コロナ禍で85兆ルピア超の損失(21:33)

テイクオフ:営業を再開したショッピ…(07/15)

製造業PMIが過去最低水準 中央銀行、コロナ影響で需給停滞(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン