• 印刷する

東京の水産物見本市で5千万ドルの成約目標

インドネシア海洋・水産省によると、21~23日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される水産物見本市「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー(JISTE)」に国内企業が出展し、例年並みの3,000万~5,000万米ドル(約32億~53億円)程度の新規契約獲得を目指す。水産物の対日輸出は、2015年から輸出量が年3%、輸出額が年0.5%のペースで拡大している。20日付インベストール・デーリーが伝えた。

海洋・水産省の統計によると、上半期(1~6月)の水産物の対日輸出実績は、輸出量が前年同期比17%増の5万5,410トン、輸出額が0.3%増の3億1,842万米ドルだった。このうちエビが4%増の1万6,220トン、マグロ・スマ・カツオが46%増の2万550トン、イカ・タコが8%増の1,100トンだった。

海洋・水産省のマフムッド海洋水産物競争力強化局長は「日本へは最近、ウナギの輸出も伸びている」と述べた。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

重機大手、デジタル化を加速 アフターサービス強化で競合対抗(09/20)

日産自動車、半年以上前に一部工場を閉鎖(09/20)

中銀が5.25%に利下げ、3カ月連続(09/20)

容疑者認定の青年・スポーツ相が辞任(09/20)

第2チカンペック高速道、10月から試験運用(09/20)

運輸省、自家用車の排ガス検査を義務化へ(09/20)

ガルーダ、航空貨物のプラットフォーム開設(09/20)

西ジャワの経済特区開発に日系誘致=州知事(09/20)

バンドン高速道、土地買収遅れ着工に影響(09/20)

輸入畜産品のハラル表示、改正で義務化明記(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン