• 印刷する

労働生産性、産業分野の改善が課題

ベトナムの統計総局(GSO)のグエン・ビック・ラム局長は、同国の労働生産性を改善するために産業分野内の労働生産性を伸ばす必要があると指摘した。ベトナム・インベストメント・レビューが19日に伝えた。

2018年のベトナムの労働生産性は労働者1人当たり1億200万ドン(4,405米ドル、約47万円)と見込まれており、17年から880万ドン上昇した。11年の購買力平価(PPP)ベースの国内総生産(GDP)から割り出した労働生産性(労働者1人当たりのGDP)は、11~18年に年率4.8%増えている。GSOは7日、労働生産性の伸び率は東南アジア諸国連合(ASEAN)6カ国で最高だったと発表した。

ただ、労働生産性自体はASEAN諸国と比べると低いのが現状。GSOのラム局長はその理由として、労働者の質が低いことや機材・設備、技術が不十分であることを挙げた。その上で、第4次産業革命(インダストリー4.0)技術導入によって、近隣諸国との差を縮小できると指摘。また政府も委員会の設置や政策を打ち出すなど労働生産性改善に向けて取り組む必要があるとの見解を示した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ影響続く(21:01)

交通事故、意識改革が課題 飲酒罰則や免許制、法整備前進も(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

車両登録料、7~9月に電子納付を導入(07/15)

フック首相、中国との航空便再開を大筋承認(07/15)

越航空、政府に12兆ドンの緊急支援要請へ(07/15)

物流の自動化、コロナ禍を契機に加速か(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン