• 印刷する

テイクオフ:連休を利用して世界遺産…

連休を利用して世界遺産のアンコールワットがあるカンボジア・シェムリアップを訪れた。同地の観光客の主要な移動手段はトゥクトゥクと呼ばれる三輪自動車または二輪力車。空港周辺や市街地、観光地では、客引きをするトゥクトゥクがたくさん待ち構えている。

街中にはシンガポールの配車サービス大手グラブが運営する「グラブ・トゥクトゥク」も走る。おなじみのグリーンカラーの車体がまぶしい。ただ他国と比べると存在感は大きくないようだ。

数日間の滞在で、トゥクトゥクの数が多く、アプリを使わなくても気軽に拾えること、ぼったくりをする運転手がほぼいないことに気が付いた。グラブは不透明な料金設定や、運転手を信頼できないなどの課題を解決してきた企業だ。のんびりとしたシェムリアップでは、解決すべき課題がまだそこまで大きくないのかもしれない。(薩)


関連国・地域: カンボジアシンガポール
関連業種: 運輸IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

特許登録件数が7年で5割増 政府主導、デジタル分野で加速(09/20)

新興生保シングライフ、デビットカード発行(09/20)

中国系衣料工場など投資8件を認可(09/20)

QS雇用可能性ランク、国立大はアジア5位(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

シンガポール工科大学、卒業生の給与上昇(09/20)

ノルウェー水産団体、東南ア拠点をタイへ(09/20)

MRTトムソン東海岸線、2020年1月開業(09/20)

地場インフルエンサー企業、人材発掘へ資金調達(09/20)

高齢化と自動化への備え、20カ国中13位(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン