• 印刷する

フェデックス荷物から拳銃発見、米から発送

米物流大手フェデックスが米国から福建省のスポーツ用品企業に配送した荷物から、拳銃が見つかった。同省福州市公安局に18日に通報があり発覚した。フェデックスは5月にも米国政府の制裁対象となっている通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の荷物を「誤送」して中国当局の調査対象となっており、今回の拳銃配送も同社の中国業務に影響を及ぼしそうだ。

19日付北京商報などが伝えた。福州市公安局は拳銃を押収し、事件として調査を開始している。

フェデックスは5月24日、日本から中国のファーウェイへ発送された荷物2件を顧客に無断で米国に送った。フェデックスはこの問題について謝罪するとともに「誤送」だとし、外部からの干渉を受けた意図的な行為ではないと釈明している。

北京商報は物流業の専門家の見解として、「前回はフェデックスの業務能力の問題だが、今回は拳銃事件に発展する危険性がある。同社の中国市場における影響力、信用性は大きなダメージを受ける」と指摘した。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府、独社製ワクチンを許可 3月上旬接種開始、高齢者から(01/27)

テイクオフ:湖北省出身者が経営する…(01/27)

比中連合の受注撤回も カビテ州、サングレー空港拡張で(01/27)

南シナ海での主権強調、ベトナム党大会(01/27)

春節連休は「今いる場所で」 中央が通達、商店の営業継続も要求(01/27)

重要な1年、対米関係が左右=三菱UFJ(01/27)

「帰省しない春節」は工業に追い風、工情省(01/27)

社会保険料の減免、企業負担を1.54兆元軽減(01/27)

チャウピュー深海港、環境評価事業者を入札(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン