• 印刷する

ビルマ戦死者の鎮魂碑を修復、三重の石材店

第2次大戦のビルマ戦線で戦死した日本人らを悼み、三重県御浜町の石材店社長、湊賢一郎さん(43)らが19日、ミャンマーのヤンゴン日本人墓地で70年余り前に建立された鎮魂碑の修復を行った。

碑は地上約4メートルのコンクリート製で、ビルマに抑留された日本兵が戦死者を追悼するため1947年5月に建てた。遺骨や遺品も納められているが、長年の雨風で多数のひびが入っている。

湊さんは、損傷をこれ以上広げないよう、日本から持参したセメントを2時間以上かけて丁寧に塗り込んだ。「お盆に合わせ、せめてもの供養になればと思う」と話す。修復に先立ち、一緒に訪れた同じく御浜町の住職、鬼頭宝徳さん(44)らと戦没者に祈りを捧げた。

ビルマは東南アジアでも最も激しい戦線になった場所のひとつで、日本人約13万7,000人が死亡した。

72年前に建立された鎮魂の碑をはしごに上って修復する湊さん=19日、ヤンゴン(NNA)

72年前に建立された鎮魂の碑をはしごに上って修復する湊さん=19日、ヤンゴン(NNA)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染者なし、累計316人=8日朝(17:27)

タニンダーリの真珠養殖、合弁設立の入札へ(18:59)

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

マグウェーの緊急発電事業、香港系が稼働(07/08)

6月の外国人入国は279人、前年比99.7%減(07/08)

中東から帰国した3人の感染確認、7日朝(07/08)

バガン参拝客、週末に1000人を超える(07/08)

AYA損保がサービス拡大、コロナで需要増(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン