• 印刷する

GS、台湾経済の成長率予測を下方修正

米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)はこのほど、台湾の2019年の域内総生産(GDP)成長率を前年比2.3%と予測した。従来の2.4%から下方修正した形。米中貿易摩擦が一定の悪影響を及ぼすものの、米国向けの輸出増加が一部を相殺するとみている。16日付経済日報などが伝えた。

GSは、「米国は中国からの輸入を減らすと同時に、台湾からの輸入を増やすとみられ、台湾は貿易摩擦による打撃を一部吸収する」と指摘し、小幅な下方修正にとどめたと説明した。20年の成長率予測は従来から0.2ポイント引き下げて2.2%に設定した。

GSは、韓国の今年の成長率予測を従来の2.2%から1.9%、シンガポールを1.1%から0.4%、香港を1.5%から0.2%にそれぞれ下方修正した。台湾を含む4カ国・地域は世界経済と密接な関係を持つ経済体で、貿易摩擦による世界経済の成長鈍化が影響すると指摘した。

中国からの生産拠点の移転に関しては、「ベトナムなど中国と陸路でつながる国に恩恵が広がる」との見方を示した。


関連国・地域: 中国香港台湾韓国シンガポール米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:退勤後になじみのコンビ…(06/02)

【業界探訪】アジアの東西結ぶ拠点に 網家の蔡凱文総経理に聞く(06/02)

鴻海トップ、製造業はリージョナル生産へ(06/02)

TSMCの5ナノ増産投資、来年1Qに延期(06/02)

DRAM取引価格、直近1年で最高=集邦(06/02)

台湾サプライヤー、スマホ需要低迷に懸念(06/02)

5月の二輪車販売、2カ月ぶりプラス(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン