サングレー空港、官民連携方式で建設か

フィリピンのカビテ州政府と実業家ティエン一族が経営するソーラー・グループが、同州サングレーポイントでの新空港建設を官民連携(PPP)方式で実施する案が浮上している。総工費は5,000億ペソ(約1兆円)になる見込み。マニラブレティン(電子版)が伝えた。 トゥガデ運輸相…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サウジ原油問題で懸念後退 エネ省「備蓄十分」、利下げ継続(09/20)

HOYA、レンズ工場に追加投資(09/20)

昭石化工、防水材で販路拡大(09/20)

エアリキード、水素供給でシェルと長期契約(09/20)

比大統領、10月上旬にロシア訪問(09/20)

8月の国際収支、黒字4.9億ドルに拡大(09/20)

石油施設の跡地開発、サンミゲルに近く認可(09/20)

MRT3号線の中国車両、月内にも運行か(09/20)

マイニラッド、2千億ペソで下水道施設増強(09/20)

エドサ通りに高速道敷設、サンミゲルが計画(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン