• 印刷する

テイクオフ:これまで盛んに行われた…

これまで盛んに行われた日本と韓国の学校間交流。両国関係の悪化から今年は行事を中断する事例もみられる。

知人が勤める女子校も、日本の高校とお互いの学校を訪れる国際交流を毎年行っているが、このほど従来通り行事を進めることを決めたという。お互いの生徒はそれぞれの文化に関心があり、両国を訪問することを楽しみにしている。最近は韓国語を話せる日本の女子高生も増えて交流も厚みが増しているという。

ちまたでは日韓関係の悪化により、「嫌韓」「反日感情」が広がって民間交流がさらに停滞するとの見方がある。両国の学生には、学校行事を通じてさまざまな人と文化に触れあってほしい。それで、日韓の未来がどうあるべきか、自分の体験を基に考えてくれればいいと思う。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国のお盆に当たる秋夕…(09/17)

低空飛行の日韓路線(中) 地場に逆風、路線多角化で打開へ(09/17)

Thaco、起亜工場をアップグレード(09/17)

次期大統領、知日派がトップに=世論調査(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

日韓改善へ首脳対話焦点、「機運なし」も(09/17)

TASECO、韓国ファンドに子会社株売却(09/17)

車部品イングレス、インドネシアで生産受注(09/17)

8月輸出額13.8%減、半導体と石油製品不振(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン