• 印刷する

米送金レミットリー、海外最大拠点を開設

米オンライン送金サービス大手のレミットリーは、海外最大となるサテライト拠点をフィリピンで開設した。従業員は500人で、向こう数年でさらに拡大する計画。地元メディアGMAが伝えた。

新オフィスはマニラ首都圏のマンダルヨン市にある「グリーンフィールド・タワー」内に設置した。各国の顧客に対応する多言語のカスタマーサービスを提供する。

同社はフィリピンを送金市場の重要拠点と位置付けている。2018年の送金市場は世界で4番目の規模であり、世界銀行はフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の増加に伴い、さらに成長するとの見方を示す。

レミットリーは世界16カ国・地域から44カ国・地域への送金が可能で、利用者は100万人以上。取引額は60億米ドル(約6,360億円)に上る。フィリピンでは、13年に首都圏パシッグ市のオルティガス・センターに初の拠点を開設していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ECショッピー、2四半期連続で東南ア首位(08/26)

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/26)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

フィリンベスト、日立系と水処理で合弁(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ(08/23)

米社の浮体式LNG設備建設、エネ省認可(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン