住宅市場、景気減速で当面は弱含み=報告書

インド国内の住宅市場は、向こう半年間は弱含みが続くことになりそうだ。販売戸数が減少に転じる可能性もある。英不動産コンサルタント大手ナイトフランク・インディアの報告書を引用して、PTI通信が伝えた。 背景にあるのは、景気減速による不動産部門全体の心理の冷え込みだ…

関連国・地域: インド欧州
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界第2位の武器輸入国…(09/18)

ヒーローがeバイクの新モデル ヤマハ発と提携、100台試験販売(09/18)

南部タミルナド州、EV普及政策を公表(09/18)

アショク、電動車で外資と合弁設立を検討(09/18)

TVS、インドネ産バイクをアフリカで発売(09/18)

エンジンの米カミンズ、BS6適合認定取得(09/18)

米モトローラ、インドでテレビ市場参入(09/18)

テレビとエアコン、政府内に税率引下げの要望(09/18)

アップル、印での生産強化に10億ドル投資(09/18)

タタIT、米GMの技術要員1300人受け入れ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン