住宅市場、景気減速で当面は弱含み=報告書

インド国内の住宅市場は、向こう半年間は弱含みが続くことになりそうだ。販売戸数が減少に転じる可能性もある。英不動産コンサルタント大手ナイトフランク・インディアの報告書を引用して、PTI通信が伝えた。 背景にあるのは、景気減速による不動産部門全体の心理の冷え込みだ…

関連国・地域: インド欧州
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都市封鎖による活動規制…(05/27)

スズキが純利益24.9%減、インド不振など(05/27)

封鎖中の減給禁止措置は無効 中小は支払不能、運転資金不足で(05/27)

インド新工場、稼働遅らせる=スズキ社長(05/27)

二輪TVS、全社で半年間の給与削減(05/27)

ボッシュ、昨年度は6割減益=市場減速で(05/27)

米配車ウーバー、インドで600人解雇(05/27)

倉庫業界の投資、コロナで中小都市が焦点に(05/27)

NTTデータ、コロナのAI画像診断を支援(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン