「デジタル一帯一路」が加速 東南アジア、過去最大規模へ

中国のテクノロジー企業による東南アジア諸国連合(ASEAN)への投資が加速している。マレーシアの商業銀行最大手マラヤン・バンキング(メイバンク)によると、今年1~6月の投資額は計25億4,000万米ドル(約2,700億円)となり、通年で過去最高の2018年を上回るペースだ。米…

関連国・地域: 中国シンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新形態の投資ファンド、半年で78社設立(18:43)

香港金融AMTD、フィンテック企業を買収(18:43)

NTTデータ、NZ企業と研究拠点設置(18:43)

新規感染157人、計4万5千人超(7日)(18:43)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:シンガポールでは、6月…(07/07)

従業員のデータ処理能力、重視する企業増加(07/07)

キュアテックス、日本酒のテストマーケ開始(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン