• 印刷する

《日系進出》味の素、3.6億リンギでヌ州に新工場建設

マレーシア味の素は13日、マレーシア中西部のヌグリスンビラン州バンダルバルエンステックで取得した用地に新工場を建設すると発表した。設備投資額は3億5,500万リンギ(約89億6,000万円)。10月に着工し、2022年3月に完成する予定だ。

マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)で開示した情報によると、ハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)食品産業団地「テックパーク@エンステック」の面積18万8,604平方メートルの用地取得を完了した。土地買収には8,608万リンギを充てた。

マレーシア味の素は、ハラル食品・調味料メーカーとして商品開発・生産を強化することを目的に、新製品を生産するためのスペースも確保しつつ、当初は既存商品のうまみ調味料や風味調味料、食品メーカー向け製品などを生産すると説明。新工場は自然環境だけでなく労働環境にも配慮した設計で、オフィスや従業員向けレクリエーション施設なども併設するという。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月国境貿易32%増、輸出入とも2桁増(11/26)

追加接種の対象拡大、18歳以上の全成人に(11/26)

新規感染6144人、累計260.9万人(11/26)

RM1=27.3円、$1=RM4.23(25日)(11/26)

メルセデスなど3社、EV充電設備で提携(11/26)

ペッカ、政府系機関とEV部品技術で提携(11/26)

コガネイ、現地法人が営業開始(11/26)

シプリウム、電子線照射プラントを着工(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン