【ラオスの日本農業】「南方生薬の基地」地元と共存 ツムラ、農園・雇用拡大一歩ずつ

漢方薬の製造販売大手、ツムラがラオス南部に現地法人「ラオ・ツムラ」を設立し、薬用作物の本格的栽培に乗り出して9年半となる。この間、ツムラは農園を拡大させつつ、村に学校を建てるなど、地元社会と共存の関係を築いてきた。その歩みは、企業が途上国の農村部に進出する際の…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

協働組合の設立に関する首相令、草案完成(07/10)

イオン、実習生ら支援に2500万円を寄付(07/10)

マルハン銀、全面デジタル化の新店舗を開業(07/09)

ラオス出国者、健康証明書の取得義務化(07/09)

崩れる新興国経済、東アジアが先行回復へ(07/09)

首相が訪越、空路の早期再開方針で合意(07/08)

中老鉄路、ビエンチャン駅を着工(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン