【ラオスの日本農業】「南方生薬の基地」地元と共存 ツムラ、農園・雇用拡大一歩ずつ

漢方薬の製造販売大手、ツムラがラオス南部に現地法人「ラオ・ツムラ」を設立し、薬用作物の本格的栽培に乗り出して9年半となる。この間、ツムラは農園を拡大させつつ、村に学校を建てるなど、地元社会と共存の関係を築いてきた。その歩みは、企業が途上国の農村部に進出する際の…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

カンボジア、ラオスに早急な送電を要請(08/26)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/26)

文大統領、タイ・ミャンマー・ラオス歴訪へ(08/26)

観光相がバス事故の中国人負傷者を慰問(08/23)

エネ相、地域での再生可能エネ活用を推進(08/23)

北部でバスが谷底転落、中国人13人死亡(08/22)

労働需給のミスマッチ解消が失業解決の鍵(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン