• 印刷する

テイクオフ:カシミール地方の領土問…

カシミール地方の領土問題が過熱している。印パ間で停戦ラインはあるものの、紛争の火種は常にくすぶっていた。同地方はムスリム(イスラム教徒)王政のムガール帝国が重用したカシミールじゅうたんで有名だ。これを、インド駐在を終える際に記念に買った。

つまり、インド側のジャム・カシミール州の名産として購入したことになる。シルクじゅうたんは見る向きによって色味の濃淡が変わる特徴があり、そこに描かれた世界に日が昇り、日が落ちるかのようで美しい。

マレーシア人の友人が自宅に遊びに来た折、じゅうたんを見て「ムスリムなのか?」と聞いてきた。ムスリムが祈りの際に敷くマットに大きさも図柄もそっくりだという。ヒンズー教徒が多数派のインドから持ってきたが、風土としてのムスリム色がにじむのか。織り込まれている歴史や文化に踏むのもためらわれる。(丑)


関連国・地域: マレーシアインドパキスタン
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(19:11)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(19:03)

海賊版ソフト使用51%、損失リスクに(18:40)

イスラム協調融資で12億リンギ調達、セルバ(18:40)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:マレーシア人として、2…(02/26)

27日の景気刺激策発表は延期 政権空白、低迷長期化のリスク(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

国王が下院議員と個別面談、次期首相任命へ(02/26)

RM1=26.1円、$1=4.23RM(25日)(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン