小売り不振、業界に広く波及 新規出店見送りや昇給抑制検討も

小売業界団体、香港小売管理協会(HKRMA)によると、香港の大部分の小売企業の8月売上高が半減している。「逃亡犯条例」改正案をきっかけとする6月以降の社会混乱の影響は宝飾や高級ブランドなどのぜいたく品にとどまらず、日用品などにも及んでいるようだ。新規出店計画の…

関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料繊維鉄鋼・金属小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

8月民間住宅着工は2戸、今年2番目の低水準(20:47)

テイクオフ:例年、秋から年末にかけ…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:仕事で外出した際、たま…(10/22)

保険業界、収益の多様化急ぐ 3Qの本土客契約は2桁減に(10/22)

「保険通」具体案発表、据置年金など対象に(10/22)

ネット保険の安我、3~4年で黒字化見込む(10/22)

反発、薄商いで小幅上昇=香港株式(10/22)

陳財政長官、経済対策「第3弾」を検討(10/22)

香港成長率マイナス0.8%に、モルスタ予測(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン