出版界が翻訳書に照準 ユニークな日本書籍の発掘に注力

会員制交流サイト(SNS)の普及などを受けた市民の読書離れという逆境の中、台湾の出版業界では翻訳書に活路を見出そうとする動きがある。その上で重要なのは、台湾の翻訳書市場で最も高いシェアを誇る日本書籍の販売を伸ばすことだ。最近は有名作家の著作以外に、台湾人の関心…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: IT・通信メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

遠東百貨トップ、出店加速でシェア拡大(14:01)

新型コロナ感染者、5日連続ゼロ(15:38)

台湾系のナイキ工場、5000人近くを解雇(14:57)

テイクオフ:屏東県のリゾート地・墾…(05/26)

20年の製造業生産額5%減へ コロナ足かせ、米中摩擦も不安視(05/26)

【ASEAN戦略】徳育や科学実験で市場取り込み 学研、域内で新規進出も検討(05/26)

半導体業の19年生産額、1.7%増の2.66兆元(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン