• 印刷する

JC航空、プノンペンーヤンゴン線就航

中国の景成集団がカンボジアを拠点に運営するJCインターナショナル航空は、今月15日に首都プノンペン―ミャンマー・ヤンゴン線を就航する。両都市間の直行便の運航は初めて。クメール・タイムズ(電子版)が9日伝えた。

月、木、土曜日の週3便を運航する。往路は午前9時にプノンペン発、同10時半にヤンゴン着。復路は午前11時半にヤンゴン発、午後2時にプノンペン着。

直行便の運航によって、両都市間で観光やビジネスが強化される見通し。2018年にカンボジアを訪れたミャンマー人は2万2,500人だった。

JCインターナショナルは2014年設立。国際線では中国の成都、広州、福州などの各都市や、台北、マカオに就航している。


関連国・地域: ミャンマーカンボジア
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

世銀、カンボジアの開発支援に千億円超(09/19)

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

シエムレアプに観光新都市、客足回復に期待(09/19)

カンボジア商工会議所、メン氏が会頭再選(09/19)

衛星タイコム、カンボジア子会社を売却(09/19)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

米ヒルトン、22年までに1号店を首都に開設(09/18)

EU向けコメ輸出額、今年は1割減見通し(09/18)

電気機器の仏ルグラン、新製品の投入強化(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン