• 印刷する

《日系進出》ヤクルトが無錫に第2工場、20年5月着工

ヤクルト本社は8日、中国事業を統括する現地法人、養楽多(中国)投資(中国ヤクルト)の製造子会社である無錫養楽多乳品(江蘇省無錫市、無錫ヤクルト)の第2工場を建設すると発表した。2020年5月に着工する。乳酸菌飲料「ヤクルト」の生産体制を強化し、今後の中国市場での販売地域の拡大や市場深耕による需要増加に対応する。

第2工場の敷地面積は約6万6,660平方メートル、延べ床面積は約3万4,000平方メートル。初期の生産能力は1日当たり80万本を見込む。22年4月に生産を開始し、既存の第1工場と合わせた生産能力は540万本に拡大する見通し。

無錫ヤクルトは第1工場内に、第1工場棟(日産能力220万本)と第2工場棟(同160万本)を設けている。第2工場棟では、第2工場の稼働前に生産能力を約240万本に引き上げる方針。

ヤクルトの20年3月期第1四半期の決算報告によると、中国では19年1~3月の売上本数が1日平均597万4,000本に上り、前年同期比1.0%増加した。同社広報担当者は「中国市場で今後さらに販売が拡大すると見込み、生産体制を整えている」と説明。中国では店頭販売を中心に幅広い世代に受け入れられているという。

ヤクルトは02年に広東省広州市でヤクルトの生産を開始し、現在は上海市、天津市、無錫市、広東省仏山市の5都市で6工場を稼働している。


関連国・地域: 中国-江蘇日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤を自転車に代えた。…(06/01)

政府が少子高齢化に大なた 24年までに介護予算を600億元へ(06/01)

米国の対中制裁に政府猛反発 香港優遇措置の撤廃や留学生制限(06/01)

TSMC、7ナノで車用半導体事業に参入(06/01)

中国の香港統制著しく強化、米国務省報告(06/01)

成長率目標「あった方がいい」、政策担当者(06/01)

ファーウェイの代替育成、10カ国連携模索か=英(06/01)

米の香港優遇廃止、アナリストは警戒(06/01)

政府活動報告の履行を各部門に指示、国務院(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン