• 印刷する

《日系進出》ミニストップ、大連1号店を開店

コンビニエンスストアのミニストップは8日、遼寧省大連市で同市1号店を開業したと発表した。「MINISTOP」ブランドと現地企業の「会有便利」ブランドによるダブルブランド店として展開する。年内に市内で10店舗の出店を目指す。

1号店は甘井子区に設けた。売場面積は約100平方メートルで、1,640品目を取り扱う。うちファストフードは130品目。会有便利は今年4月にエリアフランチャイズ契約を結んだ大連市の小売り事業者、大連三寰集団商業管理のブランド。

大連への出店は、中国では山東省青島市に続く2都市目となる。青島市では6月末時点でMINISTOPブランドの86店舗を展開している。広報担当者によると、海外では韓国、フィリピン、ベトナムでダブルブランド店を手掛けているが、中国では大連1号店が初のダブルブランド店となる。


関連国・地域: 中国-遼寧日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:社内で風邪がはやってい…(01/21)

テイクオフ:1月下旬から2月上旬と…(01/21)

19年の輸出受注、5.3%減に 全製品・市場が落ち込み(01/21)

プラごみ規制を大幅に強化 今年から一部製品禁止、代替奨励も(01/21)

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(01/21)

今年の自動車市場2500万台と予測、工情相(01/21)

国民は米国より中国との同盟望む=調査(01/21)

印GDP、華為排除で最大280億ドル減少(01/21)

香港、武漢発の旅客に健康状態申告義務付け(01/21)

開発区20カ所に是正指導、「国家級」剥奪も(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン