• 印刷する

一風堂、HCM市レタントンに2号店開業

博多ラーメン店「一風堂」を運営する力の源ホールディングス(福岡市)は7日、ホーチミン市1区レタントン通りに「一風堂ベトナム・レタントン」店を開業したと発表した。同市7区フーミーフンに今年3月に開業した1号店に続く、同国2号店となる。

グランドオープンは19日だが、5日からソフトオープンしている。18日までは提供メニューを「白丸元味」(9万5,000ドン=4米ドル、約446円)や「赤丸新味」(11万5,000ドン)、「一風堂からか麺」(13万ドン)など、ラーメンに限定する。

2号店は市内中心部にあり、近隣オフィスに勤める会社員のほかベトナムへの外国人観光客などの来店が期待できる。また、立地するレタントン通りは日系飲食・物販店などが集まる「日本人街」としても知られており、在住日本人の来店も見込んでいる。

ベトナム事業は、同国でイタリアンレストランを展開するピザフォーピース(Pizza 4P’s)がライセンスパートナーとなり、力の源のシンガポール現地法人・力の源グローバル・ホールディングスとの共同出店。ピザフォーピースが国内生産するフレッシュチーズのブラータを使った「自家製ブラータ冷奴」なども提供する。

力の源の広報担当者によれば、同市郊外に開業した1号店は在住日本人だけでなく地元の来店者からも好評を得た。中心部の2号店では「新たな客層を開拓していきたい」と意欲を示した。今後の出店計画については未定としたものの、他都市も含めて可能性を探っていくと説明した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

車整備業の将来を解説、東京海上日動セミナー(09/20)

中古車市場の「確立」遠く 先行の日系2社、需要拡大は実感(09/20)

1~8月の自動車輸入、3.3倍の9.6万台(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

運輸省、プロジェクト遅延で「処罰」(09/20)

HCM市の物流ハブ化、25年目標で計画策定(09/20)

日本郵船、バンフォン火発向け石炭輸送契約(09/20)

ダイフクが販社、流通業向けも開始(09/20)

韓国文化省、越3校への図書館設置を支援(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン