• 印刷する

テイクオフ:米系ハンバーガーチェー…

米系ハンバーガーチェーンで昼食を食べた。セットメニュー2人分で30リンギ(約760円)だったので、前任地のフィリピン・マニラより3割近く高い印象だ。

ハンバーガーの価格を比較することで、各国通貨の購買力を測定する「ビッグマック指数」を思い出した。当地の価格は14.5リンギで、日本(390円)とほぼ同じことに驚く。マニラでは149ペソ(約302円)だった。

世界展開するチェーン店の代表商品は各国で同一品質で提供されているはずなので、基本的に同じ価格という考えから、各国通貨が過大または過小に評価されているのかを判断するのがビッグマック指数。日本円とリンギの為替レートは、ハンバーガーの価格から見れば適正となる。同じ金額で購入できる財やサービスは、マレーシアの方が日本よりまだ多いと思うが、マニラ時代に比べれば家計が苦しくなったのは事実か。(谷)


関連国・地域: マレーシアフィリピン日本米国
関連業種: 金融サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、金利3%に据え置き 年内にも追加利下げの公算大(09/13)

南シナ海協議へ新枠組み、中国マレーシア外相会談(09/13)

製造業売上高、7月は6%増の742億リンギ(09/13)

小売売上高、19年の伸び率4.4%に下方修正(09/13)

RM1=25.8円、$1=4.16RM(12日)(09/13)

サイムダービー、豪で高級車販売権を買収へ(09/13)

海運ハブライン、入居物件の保有会社を買収(09/13)

イナリ、台湾PCLと光トランシーバー合弁(09/13)

タドマックス、インダ島火力発電所で認可(09/13)

ホンリョン、東南アで病院事業に参入(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン