上海自貿区新エリア、人材誘致や金融開放

上海市の中国(上海)自由貿易試験区(上海自貿区)を拡張して新設される「臨港新区」では、人材の誘致に向けた税制、戸籍制度などでのさまざまな優遇策が導入される。金融面でも全国に先駆けて外資への対外開放を進め、浦東国際空港や上海洋山深水港といった運輸インフラが近接す…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 医療・医薬品その他製造金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

テイクオフ:最初に北京で駐在員生活…(10/16)

資産の海外移転、市民が関心 緊急条例臆測で問い合わせが急増(10/16)

成長目標達成へ「緊迫感」 李首相、景気対策の強化を指示(10/16)

9月CPIは3.0%上昇、約6年ぶり高水準(10/16)

米国産大豆2千万トン輸入済み、外務省(10/16)

豪リヨン、中国と蓄電池プロジェクト推進(10/16)

不動産ナワラット、中国合弁とビル建設(10/16)

署名なければ12月に関税発動、米高官発言(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン