【オセアニア企業ファイル】第210回 ホワイトヘイブン・コール

世界有数の資源国家であるオーストラリアは石炭の生産が盛んで、2018/19年度3月期の年間生産量は4億5,400万トンとなり、うち85%に当たる3億8,800万トンがアジアを中心とする各国へ輸出されました。ニューサウスウェールズ(NSW)州を拠点とし、オーストラリア証券取引所(…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

豪10月企業景況感、上昇もいまだ低迷続く(16:32)

豪政権、労組への違反点制度導入を画策(16:32)

道路輸送改革、問題多し=豪生産性委員会(16:32)

テイクオフ:オーストラリアでは最近…(11/12)

豪州の干ばつ、炭鉱にも波及 州政府が新規承認を停止(11/12)

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

スカボローガス田、埋蔵量を52%引き上げ(11/12)

〔オセアニアン事件簿〕山火事悪化、シドニー近辺も要注意に(11/12)

10月の小売り、前月からさらに低調か(11/12)

VIC電力スポット価格、昨年度に25%上昇(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン