• 印刷する

ダウェーをインド向け物流拠点に、方針変更

日本政府は、ミャンマー、タイ政府と計画しているミャンマー南部タニンダーリ管区のダウェー経済特区(SEZ)の開発方針を見直す。当初計画していた重化学工業の拠点から、メコン地域とインドを結ぶ物流拠点に転換したい考え。まずは遅れているインフラ整備を進捗(しんちょく)させ、最終的なマスタープランを作成することを、ミャンマー、タイ政府に呼び掛ける方針だ。

ダウェーSEZの開発状況について説明する浦田氏=7月30日、東京(NNA)

ダウェーSEZの開発状況について説明する浦田氏=7月30日、東京(NNA)

日本貿易保険企画室長(前・経済産業省貿易経済協力局通商金融課長)の浦田秀行氏が7月30日、東京都内でダウェー開発の最近の状況について講演し、明らかにした。2015年に作成されたダウェーSEZのマスタープランでは、開発の第1段階(25年)で鉄鋼業を、第2段階(35年)で石油・ガス・化学工業を誘致する計画だったが、これを5年後ろ倒し、第1段階(30年)は物流拠点を中心とした軽工業の誘致へ転換する。重化学工業は港の南側にリザーブエリアとして確保し、50年までに段階的に開発したい考え。早期にミャンマー、タイの関係者と、計画の見直しに向けて協議する。

日本政府は15年にミャンマー、タイと、ダウェーSEZの共同開発で合意。翌年5月には国際協力銀行(JBIC)が600万バーツ(約2,100万円)を融資し、事業を支援してきた。一方、現地の道路は未舗装で、港湾も開発されておらず、日系企業からの投資は進んでいない。

浦田氏は「SEZ開発に向け、まずはインフラ整備の進捗が重要」と指摘し、道路と港のインフラ整備を進めていく方針を示した。工事用の道路の舗装については、タイのバーツ借款でミャンマー政府が整備していくことで両政府が合意しているとし、近く融資契約が締結されるとの見通しを示した。


関連国・地域: タイミャンマーインド日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

DHLの倉庫完成、21年までに200人体制へ(16:13)

交通安全啓発、地場大手も 事故増加の一途で機運徐々に(11/14)

左ハンドル車のみ輸入継続、製造年も厳格化(11/14)

双日、シンガポールの通信塔会社に出資(11/14)

チャウピュー特区、環境影響評価に着手(11/14)

タイ企業が工場進出を相次ぎ検討=DICA(11/14)

韓国支援の工業団地開発、2件が進行中(11/14)

中国、ミャンマー和平機関に60万米ドル寄贈(11/14)

食用油の年間消費量、100万トン超える(11/14)

タナカ、ユネスコでの無形文化遺産目指す(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン