• 印刷する

工業団地の従業員住宅、建設費など控除へ

ベトナム財務省はこのほど、工業団地などで働く従業員向け集合住宅の建設費用などを法人税の課税所得から控除することを規定した通達を公布した。通達は8月26日に施行される。24日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。

財務省通達43号(43/2019/TT―BTC)は、工業団地と経済区の管理に関する2018年政令82号(82/2018/ND―CP)第24条第4項の施行通達で、工業団地と経済区に対する投資優遇措置を規定している。

通達によると、工業団地・経済区内の企業で働く従業員のために集合住宅や社会インフラ施設を建設・管理・借り上げをした場合の費用は、法人税の課税所得から控除される。固定資産価値には、建物の価値と減価償却費が含まれ、財務省の規定する固定資産条件を満たした場合に控除が認められる。これ以外の費用については、法人税法の規定に従って控除される。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

車整備業の将来を解説、東京海上日動セミナー(09/23)

韓国自動車部品エスモ、北部に工場を開設(09/23)

ベトソブペトロ、高層住宅開発を中途放棄(09/23)

集合住宅の基準草案、最小25平方メートル(09/23)

熱延コイル関税、財務省が引き上げを撤回(09/23)

太陽光発電の新FIT価格案、全国一律に(09/23)

フィンマ、ベトナムのセメント会社に出資(09/23)

ビンタン第4火力発電所、拡張工事が完工(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン