• 印刷する

通信M1と大学、5Gロボット技術を共同研究

M1とシンガポール技術デザイン大学は5Gを使ったロボット工学技術の研究で提携した(M1提供)

M1とシンガポール技術デザイン大学は5Gを使ったロボット工学技術の研究で提携した(M1提供)

シンガポールの通信3位M1は24日、シンガポール技術デザイン大学(SUTD)と第5世代(5G)移動通信システムを使ったロボット技術の共同研究に関する覚書を締結した。シンガポール政府が目指すスマート国家戦略の実現に貢献したい考えだ。

今回の提携では、5G通信を活用しながら触覚機能を持つロボットを遠隔操作する技術の開発を目指す。

具体的には、触覚ロボットのリアルタイム遠隔操作のほか、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)コンテンツのストリーミング配信、運搬・マスコットロボット、電動スクーターの操作などで5G技術の活用法を探る。

将来的には試験プロジェクトの商用化を目指し、シンガポール政府や地場企業などに活用してもらう意向だ。

M1は5G技術の試験プロジェクトに積極的に参画している。先月には、シンガポールの情報通信メディア開発庁(IMDA)と港湾運営大手PSAが南部のコンテナ港「パシル・パンジャン・ターミナル(PPT)」で実施する5G実証実験で、同国の通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)と共に実験参加企業に選ばれた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:過去数カ月で、さまざま…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(06/01)

在宅勤務でストレス増、常に仕事モード8割(06/01)

シンガポール政府機関、インフラ開発で支援(06/01)

通勤バスなどの安全規定、2日から適用(06/01)

1~4月の投資表明額、数年ぶり高水準に(06/01)

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル(06/01)

渡航制限緩和へ、中国複数都市から(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン