華為、サーバー向け半導体に30億元投資

通信機器大手、華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)の輪番董事長を務める徐直軍氏は23日、サーバー向け新型プロセッサー「鯤鵬(kunpeng)」の開発事業に今後5年で30億元(約471億円)を投資すると明らかにした。米中貿易摩擦が長期化する中、半導体の部品調達における米国…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

LPRを更新、1年物は0.05%低下の4.20%(09/20)

最低賃金、7省市が引き上げ 最高は上海、2千元超えは6省市(09/20)

低空飛行の日韓路線(下) 韓国頼み裏目、誘致継続で打開を(09/20)

繊維輸出、今年度も拡大続く 好調も人権問題が依然重し(09/20)

テイクオフ:長かった中華圏暮らしを…(09/20)

オフィス賃料、来年2割下落か 企業の拡張鈍り、移転の動きも(09/20)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】自動運転の未来都市、実現なるか(09/20)

アルゼンチン産豆かす、来年初にも輸入開始(09/20)

中国系衣料工場など投資8件を認可(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン