• 印刷する

中国平安保険、医療用AIの提供を開始

中国平安保険傘下のピンアン・スマート・ヘルスケアが、シンガポールで医療向けの人工知能(AI)サービスの提供を開始する。公営医療グループのシングヘルスなどに提供し、共同研究も推進する。

AIを用いて医者の診断を支援するシステム「アスクボブ」を展開する。医者からの「糖尿病患者にグリメピリドを投与する場合の効果と副作用は?」といった質問に回答するほか、1,500種類以上の病気の診断や治療方針も提示する。

AIに医療関連の論文などの情報だけでなく、匿名化した患者の医療記録などのビッグデータを学習させ、平安保険が保有する医療関連のナレッジグラフ(検索エンジンの検索性を拡張する米グーグルの知識基盤)を活用しているのが特徴だ。医者が使いやすいように、先端自然言語処理技術も取り入れている。

シングヘルスとは4月から協業を開始し、2型糖尿病患者向けの診断・治療方針の決定にアスクボブを活用している。

シンガポール国立大学病院(NUH)を運営する国立大学医療システム(NUHS)とは、アスクボブによる論文解析や医療研究トレンドの分析などで共同研究を行っている。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 医療・医薬品金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは、6月…(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

従業員のデータ処理能力、重視する企業増加(07/07)

キュアテックス、日本酒のテストマーケ開始(07/07)

料理宅配サービス業界、今後も成長見込み(07/07)

キャピタランド、上期は25~35%減益予想(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン