• 印刷する

テイクオフ:運転免許証を更新するた…

運転免許証を更新するために陸運局(LTO)の地域支部に行った。入り口を抜けると、閉鎖された空間に約100人ほどが順番を待っており、熱気に包まれていた。

全ての手続きを滞りなく終え、免許証の発行を待っていると30分経っても名前が呼ばれない。待合室は冷房が効いていなかったが、職員のいるガラスの向こう側から冷気が漏れていた。掲示板を見ると、「何か問題がある場合は陸運局支部のソーシャルメディアにご報告を!」と書いてある張り紙を見つけた。

「暑くてしょうがない。何とかならないの」と窮状をメッセージすると、すぐに「職員の部屋に入ってお待ちいただいていいですよ!」と返信がきた。ソーシャルメディアの担当者は研修で持ち場を離れていたが、担当者がいなくても対応してくれた。ソーシャルメディアの果たす役割の大きさを改めて実感した。(Y)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:相手の声が聞き取りずら…(05/26)

45日間で経済損失1.2兆ペソ GDPの5.6%、コロナ打撃(05/26)

首都圏の外出制限、6月以降緩和か=国防相(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

コロナ検査能力拡大、ワクチン開発も(05/26)

コロナ感染新たに284人、累計1万4319人(05/26)

フィリピン航空、資本注入で破綻回避(05/26)

苦境の電力業界、政府に支援要請(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン