• 印刷する

QLD州政府、再生可能エネ入札で10社選定

オーストラリアのクイーンズランド(QLD)州政府がこのほど、風力発電や太陽光発電、畜電施設などを含む大規模な再生可能エネルギープロジェクトの競争入札において、候補企業10社を選定したと発表した。同州政府は2030年までに州内の電力の50%を再生可能エネルギーで賄うとする目標を掲げており、来年までに20%を達成できる見通しという。24日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

プロジェクト10件には、

◆アクシオナ・エナジーによるスタンソープ地区でのマッキントライ(MacIntrye)風力発電所(540メガワット)建設

◆ゴールドウィンド・オーストラリアによるクラーク・クリーク風力発電所(800メガワット)建設と蓄電池プロジェクト

◆ネオエン・オーストラリアによるカバン・グリーン電力ハブ(130メガワット)とレーベンスホー(Ravenshoe)地区の蓄電池施設の開設――などが含まれる。

同州政府が再生可能エネルギー目標を達成することで、州営の発電会社スタンウェルとCSエナジーの利益が圧迫されるとの見方が浮上しているが、同州のリンハム資源・エネルギー相は「石炭火力発電と再生可能エネルギーが共存できる余地はあり、将来的に両社の採算は維持できる。(再生可能エネルギーが増えることで)市場競争と電力供給が増し、電力価格の抑制につながる」と述べた。

同州政府はまた、州営の新エネルギー会社クリーンコ(CleanCo)が10月31日から全国エネルギー・マーケット(NEM)での電力取引を開始すると発表。同社はほかの州営発電会社から北部地域の水力発電所などの運営を受け継ぐとともに、今後、競争入札の手続きを引き継ぐという。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア製食品な…(07/14)

コロナ打撃大きい業界を支援 給与支援策を変更、詳細は23日か(07/14)

規制緩和で雇用市場回復も、業界や地域で差(07/14)

政府、低所得者向けに2回目の一時給付金(07/14)

VIC首相「感染増も州内全域封鎖しない」(07/14)

SA首相、NSWとACTの入境禁止継続検討(07/14)

豪航空3社の空港手数料、滞納額1700万$に(07/14)

〔ポッサムのつぶやき〕旅行に行くならQLD州のビーチ!=調査(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン