制裁影響で600人削減、華為の米子会社

【上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は23日、米政府による禁輸措置の影響を理由に、米国の研究開発子会社で約600人の人員削減を行うと発表した。米企業との協力が難しくなったため、研究開発の縮小を迫られた。 子会社は2001年に米南部テキサス州で設立され…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新都市開発「仕切り直し」 ヤンゴン、連邦政府が入札へ(08/04)

HSBC、中間期は77%減益 香港も2割減、信用損失急増(08/04)

テイクオフ:広州ではここ数年で高級…(08/04)

スタンチャート、香港事業上期は2割減益(08/04)

主要石炭企業の利益3割減 コロナが影響、下半期は復調期待(08/04)

台湾企業、iPhone生産ラインをインド移設か(08/04)

中老鉄路、線路の敷設21.4%が完了(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン