制裁影響で600人削減、華為の米子会社

【上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は23日、米政府による禁輸措置の影響を理由に、米国の研究開発子会社で約600人の人員削減を行うと発表した。米企業との協力が難しくなったため、研究開発の縮小を迫られた。 子会社は2001年に米南部テキサス州で設立され…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日本企業と連携し他社製との違い追求、オッポ(11/14)

テイクオフ:大手プラットフォーム2…(11/14)

日系2社が賃貸物流施設着工 来年半ばまでに10区画成約へ(11/14)

ECで化粧品「爆買い」復活 若年層が支持、日本企業も進出増(11/14)

タタ自、JLRの運営で他社との提携検討(11/14)

中国高官、近く香港訪問か=党方針を説明(11/14)

今年の新車販売8%減へ、自動車工業協会予測(11/14)

チャウピュー特区、環境影響評価に着手(11/14)

経済座談会、李首相が経済目標達成へ決意(11/14)

MGモーター、EV市場で主導的地位目指す(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン