• 印刷する

マカティ地下鉄事業、29日に合弁契約

フィリピンのマニラ首都圏マカティ市で、地下鉄整備事業を進める不動産開発会社フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)は、今月29日にマカティ市と合弁契約を結ぶ見通しだ。ビジネスワールドが23日に伝えた。

PIHIによると、マカティ市議会は合弁に向けた条件をクリアするための条例案を可決した。マカティ市の地下鉄整備事業は全長10キロメートル、総工費37億米ドル(約4,002億円)で、2025年の完成を見込む。

PIHIが率いるコンソーシアムには、中国の緑地控股集団(グリーンランド・ホールディングス)、江蘇省建築工程集団(JPC)、中国港湾工程(CHEC)と香港の均安控股が加わっている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(17:35)

テイクオフ:南部の片田舎、狭い路地…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

香港などへの渡航制限緩和 比人の出国可能に、出稼ぎ者配慮(02/19)

トヨタ、「RAV4」など1238台を無償修理(02/19)

ABS―CBNにかん口令、訟務長官が要請(02/19)

民放大手の免許延長、野党院内総務が決議案(02/19)

1人当たりプラ包装消費量17キロ、WWF(02/19)

2.4兆ペソのインフラ事業、8カ月内に着工(02/19)

イースタン、通信網拡大に28億ペソ投資(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン