• 印刷する

テイクオフ:ドゥテルテ大統領の周囲…

ドゥテルテ大統領の周囲はいつも騒がしい。といっても、閣僚の話ではない。毎年恒例の施政方針演説(SONA)では必ずといっていいほど、大統領の政策に反対するデモが実施され、街中は騒々しくなるのだ。今年は米中首脳のイメージ絵画を両脇に、ドゥテルテ大統領の「顔」が燃やされた。

中国寄りの外交姿勢はもちろん、国内ではおおむね受け入れられている「麻薬戦争」にも反対する人はいる。どの世界にも100%どちらかが「正しい」ということはないのだろう。政府の政策に反対する元最高裁判所の裁判長の姿も見かけた。

ただ、政府への反対を主張するにはリスクも伴う。「中国の侵攻を止めろ!」。武装した警察官たちに囲まれながら声を上げることは勇気がいる。政府が打ち出す政策には成功例もあるが、反対の声に耳を傾け、国民のために仕える政府であってほしい。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(20:04)

国営建設子会社、プレコンの生産能力拡大へ(17:36)

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

税制改革第2弾、上院歳入委が承認(02/21)

政府支出25%増、噴火と新型ウイルス対策で(02/21)

貿産相、EUの「人権懸念」に反論(02/21)

ブラカン空港の着工遅れ、政府は問題視せず(02/21)

エネ省、石油会社に顧客データの提出要求(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン