• 印刷する

汚職防止委が電力省を捜査、入札で不正か

ミャンマーの汚職防止委員会(ACC)が今月初旬から、電力・エネルギー省に対する強制捜査に乗り出している。同省を家宅捜索し、過去3年分の内部会議の議事録を押収したもようだ。同省には入札で不正を行った疑いがかけられている。電子メディアのイラワジが22日伝えた。

情報筋の話では、ACCが押収した議事録には、電力・エネルギー相、副相、局長らによる決定事項が記録されているという。

下院の苦情・嘆願委員会(Lower House Complaint and Petition Committee)のミン・ルウィン委員長は「われわれに寄せられた苦情をACCへ報告した。内容は、入札に関するものと電力・エネルギー相の息子が英プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドの試合をチーム本拠地のスタジアム、オールド・トラフォードで観戦していたというものだったが、詳細は覚えていない」と話した。

ACCは9日、中央銀行に対して、電力・エネルギー相と副相、それぞれの妻の銀行口座の情報の提出を求めた。中銀は翌日、4人の銀行口座情報を提出するよう民間銀行に通知した。

ウィン・カイン電力・エネルギー相は現在、病気のため療養中。同相は2016年の国民民主連盟(NLD)政権発足時は建設相だった。17年に、当時のペー・ズィン・トゥン電力・エネルギー相の辞任を受け、現職に就いた。副相はトゥン・ナイン氏が務めている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

感染者の家族4人陽性、計20人に=3日朝(12:59)

欧州企業、6割以上が打撃 コロナ影響で収益性が悪化(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

感染16人に、新たに63歳女性=2日正午(04/03)

総人口は5458万人に=労働省統計(04/03)

携帯データ通信量、過去ひと月で25%増加(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン