• 印刷する

APホンダ、LINEとコラボの二輪発売

ホンダの二輪事業のタイ法人APホンダは22日、無料通信アプリのLINE(ライン)とコラボレーションしたスクーター「スクーピーi」の限定モデルを発表した。5,000台の限定販売で、27日から全国の販売・サービスセンター「ホンダ・ウイング・センター」で販売する。

LINE(ライン)とコラボレーションしたスクーター「スクーピーi」の限定モデルを発表したAPホンダの木村社長=22日、バンコク(NNA撮影)

LINE(ライン)とコラボレーションしたスクーター「スクーピーi」の限定モデルを発表したAPホンダの木村社長=22日、バンコク(NNA撮影)

限定モデル「スクーピーi・LINEフレンズ・スペシャルエディション」は排気量110ccで、LEDライトやPGM―FI(電子制御燃料噴射装置)などを搭載し、燃費はガソリン1リットル当たり62.5キロメートル。車体にLINEのキャラクターが描かれている。希望小売価格は5万3,500バーツ(約18万7,000円)。

APホンダで製品・マーケティング部門のゼネラルマネジャーを務めるアカラデート氏によると、スクーピーiは、タイで2009年に発売されて以来、累計販売台数は220万台に上る。今年上半期(1~6月)には、約9万台を売り上げた。「人気の一番の理由は『デザインの良さ』で、『乗りやすさ』が続く」。所有者の71%が女性で、所有者全体の34%が25歳以下の若年層という。

APホンダの木村滋利社長は、「これまでにも(NHKのキャラクターの)『どーもくん』や(英国のサッカーチームの)『リバプール』『マンチェスター・ユナイテッド』などとコラボしたスクーピーiを発売し好評を得てきた」と話し、LINEモデルの販売にも期待を示した。

■上期の車種別販売台数では2位

APホンダの今年1~6月の販売台数は、前年同期比3%減の約71万台だった。アカラデート氏によると、最も人気だったのはファミリーバイク(モペッド車)「ウェーブ110i」で、販売台数は32万7,042台。スクーピーiは8万9,605台で2位だった。以下、「ウェーブ125i」が7万6,669台で続いた。

APホンダは、タイの通年の二輪車市場を前年比2%減の175万台と予想。このうち同社は、前年比1.4%減の138万台の販売を目指すとしている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

【循環型経済】ペットボトルを僧侶の袈裟に 寺院が回収拠点、PTTGC支援(08/23)

MICE市場の競争激化 東南ア2カ国、IT対観光(08/23)

7月の車生産6.7%減、3カ月連続マイナス(08/23)

7月の車輸出8.9%減、アジア向け2桁縮小(08/23)

ボルボ、中古トラックの販売部門を設置(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

ウタパオ空港拡張入札、CPの失格が確定(08/23)

不動産サンシリ、米ホテル会社に追加出資(08/23)

アナンダ、下半期は住宅7件の発売計画(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン