豪で世界最大の太陽光発電所 新興サン、東南アへの供給視野

シンガポールの新興企業で再生可能エネルギー事業を手掛けるサン・ケーブルは、オーストラリアの北部準州(NT)で世界最大規模の発電所の建設に乗り出す。総投資額は200億豪ドル(約1兆5,200億円)。発電した電力の一部を海底ケーブルを通じてシンガポールに送電。将来的には東…

関連国・地域: シンガポールオーストラリア
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

約半数がコロナ禍で収入減少=OCBC調査(16:24)

地場物流会社、医療品輸送で存在感(16:04)

西村あさひ、地場法律事務所と提携(11:55)

テイクオフ:過去数カ月で、さまざま…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(06/01)

在宅勤務でストレス増、常に仕事モード8割(06/01)

シンガポール政府機関、インフラ開発で支援(06/01)

通勤バスなどの安全規定、2日から適用(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン