佐賀大、バリ島で海洋温度差発電所を建設

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は19日、佐賀大学と共同でバリ州北部に海洋温度差発電所(OTEC)を建設する方針を発表した。パイロットプロジェクトとして3,000~5,000キロワットを発電する。 研究開発庁のダダン・クスディアナ長官は「佐賀大海洋エネルギー研究センタ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

バタム市、企業などに衛生規律の順守を徹底(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

首都のPSBB違反1271社、違反は減少傾向(05/29)

ガルーダ航空国内便、搭乗に必要書類追加(05/29)

出入り許可証不所持、Uターン命令6千台超(05/29)

雲品酒店が中国市場進出へ、杭州にホテル(05/29)

高速道から17万台が首都に移動、過去3日で(05/29)

日産巨額赤字6712億円、2工場閉鎖・生産2割減(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン