• 印刷する

テイクオフ:本格的な冷麺の季節を迎…

本格的な冷麺の季節を迎えた。冷麵はもともと北朝鮮の食べ物で、地域によって平壌冷麺と咸興冷麵の2つにタイプが分かれる。最近は、これまで劣勢だった平壌冷麺がじわじわとファン層を拡大している。

スパイシーな味付けと歯ごたえのある麺を特徴とする咸興冷麵に比べ、平壌冷麺はマニア層の食べ物だった。初めて食べた時に「無味で冷たいだけの麺」という印象を持った人も少なくない。スープ作りに手間暇がかかることあり、専門店も多くない。

ところが、昨年4月に開催された南北首脳会談の際、晩餐会後のメニューとして登場したのがきっかけで脚光を浴びた。2度、3度と食べるうちに、淡泊な味のスープとやや苦みのある麺との絶妙な調和を感じていくのだそうだ。

当方も今年はこれまでの「偏食」を克服し、平壌冷麺の魅力の再発見に挑戦してみたい。(碩)


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、35人増の1万1503人(16:11)

ロッテケミカル、「脱・石油化学」を推進(18:03)

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(05/29)

テイクオフ:2019年9月、スクー…(06/01)

物流センターで集団感染 防疫対策おざなり、遠のく収束(06/01)

新型コロナ感染者、27人増の1万1468人(06/01)

5月企業景況感は53、コロナで不振続く(06/01)

ファーウェイの代替育成、10カ国連携模索か=英(06/01)

ミャンマー国際航空、ソウル貨物輸送を拡大(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン