• 印刷する

テイクオフ:午後10時過ぎにバンコ…

午後10時過ぎにバンコクのデパートの前を通ると、閉店した店から一斉に従業員が出てきた。急いで路線バスに乗り込む人やバイクタクシーにまたがる人、はたまた屋台で串焼きを買って路上で話し始める人。

その一角はにぎやかで、制服姿の従業員が放課後の学生のように見えた。ふと谷川俊太郎さんの詩「生きる」の「生きているということ」「いまいまがすぎてゆくこと」というフレーズが浮かんだ。

制服姿で足早に通勤するコンビニやスーパーの店員はよく見かける。その逆を見たとき、きちんと働いたであろう後の姿に人らしさを感じる。

谷川さんは「『いま』は物理的に一瞬だが、心理的には一瞬にとどまらない広がりをもっている。それゆえ『いま』にはどこかドラマチックな響きがある」と言う。大都会になってもバンコクは人それぞれの「いま」を映し出している。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者11人、全員が帰国者(29日)(05/30)

4月のメーカー別車輸出、10社中9社が減少(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

タイの仕向け地別の車輸出台数(20年4月)(05/29)

中古車協会、新車の物品税引き下げ案に反対(05/29)

国境沿いで警備強化へ、タイ不法入国を阻止(05/29)

新規感染者11人、24日ぶりに2桁増(28日)(05/29)

ファミマ、タイ合弁株をセントラルに売却(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン