• 印刷する

銀行から保険料徴収へ、破綻のリスク回避

インドネシアの預金保険機構(LPS)は、銀行の破綻によって金融システムにリスクが及ぶのを回避するため各銀行が拠出した資金をプールする銀行再編プログラム(PRP)として、銀行の資産額に応じて年0~0.007%の保険料を各行から新たに徴収する方針を固めた。詳細は政令で規定する。19日付コンタンが伝えた。

LPSのファウジ長官によると、保険料の料率は資産額に応じて政令で規定する。政令の制定から3年間は、保険料の支払いは猶予される見通し。

これに対し、韓国系小規模銀行のバンク・ディナル・インドネシアのエフディナル秘書役は「新たな保険料の徴収は、銀行の負担になる。現行の制度で徴収したお金をPRPの資金に充てるべきだ」と述べた。「資産額が大きい銀行ほど、破綻リスクは小さい。資産額に応じて料率を決定するのは公平性に欠ける」と指摘した。

国営バンクネガラインドネシア(BNI)のボブ取締役(危機管理担当)は「融資金利が上がらない現状で、保険料が新たに徴収されれば、銀行の収益率悪化をまねく可能性がある」と懸念を表明した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(12:56)

テイクオフ:日本映画の宣伝広告を海…(08/22)

QR決済の上限額を設定 1回200万ルピアに、中銀規定(08/22)

長田広告、地場同業と10月合弁設立(08/22)

ワッツアップ、モバイル決済事業参入を計画(08/22)

西ジャワ州とトコペディア、協力覚書を締結(08/22)

新首都に中銀とOJKは移転せず、開発長官(08/22)

自動車市場は中古車好調、各種規制も追い風(08/22)

バタムの電子機器産業4社が事業縮小(08/22)

日米向けエビ輸出額が減少、供給拡大などで(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン