• 印刷する

在職期間保障法への署名拒否、財界が要求

フィリピン財界の13の商工会議所は16日、企業が短期の雇用契約で解雇と再雇用を繰り返す行為(通称ENDO)から契約労働者を守るための在職期間保障法案について、ドゥテルテ大統領に署名を拒否するよう求める声明を出した。ビジネス・ワールド(電子版)が伝えた。

在職期間保障法案は、勤続6カ月で自動的に正規雇用に移行することを避けるため、脱法的に期間5カ月の雇用を繰り返す行為などを禁止する内容で、5月に上下両院で可決されていた。

国内系と外資系の商工会議所による共同声明は、同法案について「労働者は既存の法律で既に十分に保護されており不必要だ」と説明。フィリピン経済と保護対象となる労働者に悪影響を与えかねないと指摘した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ボラカイ島には久しく行…(08/22)

在留資格取り消し倍増、技能実習19倍に=18年(08/22)

2021年までオフィス賃料上昇 東南ア4都市、テック企業増で(08/22)

20年度予算案4.1兆ペソに 過去最大規模、インフラなど重点(08/22)

長田広告、地場同業と10月合弁設立(08/22)

娯楽賭博公社、年内の免許発行停止(08/22)

電子サーテック、1~6月は69%減益(08/22)

1~7月の認可額24%増、投資委(08/22)

LRT1号線、9月に南延伸区間着工(08/22)

6月卸売物価2.0%に鈍化、3カ月連続(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン