外国人研究者の資源盗賊、刑事処分の法成立

インドネシアの国会は16日、生物多様性の保全を目的として、外国人研究者によるバイオパイラシー(生物資源の盗賊行為)を刑事罰の対象とし、重い罰金や実刑を科す法案を可決した。17日付ジャカルタ・ポストが伝えた。学問の発展のために、外国人研究者に対する研究許可や査証(ビ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:妻の母が他界した。イン…(06/02)

テイクオフ:新型コロナの流行がレバ…(06/02)

コロナで採用の凍結や募集減 「既に実施」3割、日系企業調査(06/02)

移動制限の運輸相令、有効期限7日まで延長(06/02)

西ジャワ州がPSBB延長、首都圏は6日間(06/02)

国家公務員、5日からニューノーマル導入(06/02)

安全圏102地域、自治体に活動再開権限(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン