• 印刷する

ゴム輸出量、上半期は24%増の10万トン

カンボジア農林水産省の天然ゴム総局は、上半期(1~6月)の天然ゴム輸出量が前年同期比24%増の10万4,261トンだったことを明らかにした。輸出収入は約1億3,900万米ドル(約149億7,450万円)。クメール・タイムズ(電子版)が18日に伝えた。

1トン当たりの平均輸出価格は1,339米ドル。1~3月期の1,279米ドルからは上昇したが、前年同期の1,434米ドルを下回った。天然ゴム開発協会のメン・ソフィーク事務局長は、輸出量の拡大について、収穫期を迎えて生産量が増えたためと説明。さらに「課税を逃れる目的で正規のルート以外で出荷している農家も存在するため、実際の輸出量はさらに多い」との見方を示した。

カンボジアのゴム業界は、国内加工施設の未整備などにより、生産量の大半をベトナムやマレーシアに輸出している。

カンボジアの天然ゴム栽培面積は43万6,357ヘクタール。労働力不足や国際価格の下落という問題に直面していることから、過去3年間で栽培面積はほとんど変わっていない。同事務局長は「今後も状況が変化しなければ、向こう数年間での新たな投資は見込めない」としている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国際便の発着激減、中国出張者の利用が主流(05/29)

1~3月の株式時価総額、22%減(05/29)

国境沿いで警備強化へ、タイ不法入国を阻止(05/29)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(5月28日)(05/29)

新型コロナ打撃産業への支援策、第4弾発表(05/28)

シアヌークビルでビーチ開発、基本計画策定(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン