• 印刷する

ゴム輸出量、上半期は24%増の10万トン

カンボジア農林水産省の天然ゴム総局は、上半期(1~6月)の天然ゴム輸出量が前年同期比24%増の10万4,261トンだったことを明らかにした。輸出収入は約1億3,900万米ドル(約149億7,450万円)。クメール・タイムズ(電子版)が18日に伝えた。

1トン当たりの平均輸出価格は1,339米ドル。1~3月期の1,279米ドルからは上昇したが、前年同期の1,434米ドルを下回った。天然ゴム開発協会のメン・ソフィーク事務局長は、輸出量の拡大について、収穫期を迎えて生産量が増えたためと説明。さらに「課税を逃れる目的で正規のルート以外で出荷している農家も存在するため、実際の輸出量はさらに多い」との見方を示した。

カンボジアのゴム業界は、国内加工施設の未整備などにより、生産量の大半をベトナムやマレーシアに輸出している。

カンボジアの天然ゴム栽培面積は43万6,357ヘクタール。労働力不足や国際価格の下落という問題に直面していることから、過去3年間で栽培面積はほとんど変わっていない。同事務局長は「今後も状況が変化しなければ、向こう数年間での新たな投資は見込めない」としている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

リネットジャパン、中古車販売事業が好調(08/22)

南部国道、渋滞と豪雨被害で輸送に悪影響(08/22)

新興料理宅配サービス、ブータンに進出(08/22)

オンラインギャンブル、ライセンス発行中止(08/22)

国道1号線の地下道建設、事業化調査を実施(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

台湾系縫製GTI、4~6月期は83%増収(08/21)

EU、持続可能な漁業支援に140億円(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン