• 印刷する

企業14社が未払い、電気料金19億ペソ請求

フィリピン財務省は16日、政府の電力部門資産負債管理会社(PSALM)が、企業14社に対して未払い電力料金を請求したと明らかにした。未払い総額は19億3,100万ペソ(約40億8,000万円)。17日付スターなどが伝えた。

今回の請求は最後通告に当たるもので、支払い期限は請求書を受け取ってから10日間。財務省とPSALMは支払いに応じない企業には法的措置を講じると警告した。

PSALMのアイリーン・ベシド・ガルシア社長は「これら企業は長年にわたり、電力公社(NPC)やPSALMによる未払い金の回収努力から逃げてきた」と批判。「ドゥテルテ政権に聖域はなく、未払い金が支払われなければ、企業とその責任者をちゅうちょなく告発する」と警告した。

請求を受けた企業のうち、ポリエチレンプラントのNPCアライアンス・コープ(バターン州)の未払い金は、10年間で6億1,100万ペソに達する。以下、製糖業者カンルバン・シュガー・エステーツ(ラグナ州)が5億1,800万ペソ、アブラ・エレクトリック・コーポレーティブが5億500万ペソと続いた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

外出制限の延長、内相「得策でない」(21:57)

テイクオフ:近所にある生鮮食品市場…(03/31)

国産検査キット、週内にも承認=科技省(03/31)

新型コロナ感染者1546人に、死者は78人(03/31)

マニラ港、食品コンテナの滞留深刻化(03/31)

低所得層に食糧危機、政府の支援に遅れ(03/31)

ルソン島の特区企業、847社が事業継続(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン