19年のGDP成長率2%に 中経院、予測値を下方修正

台湾の大手民間シンクタンク、中華経済研究院(中経院)は17日、台湾の2019年の実質域内総生産(GDP)成長率を前年比2.06%と予測した。今年4月時点の予測値(2.15%)から下方修正した。米中貿易摩擦をはじめとする経済の不確実性が多いことを理由に挙げた。ただ下半期(7~…

関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:退勤後になじみのコンビ…(06/02)

【業界探訪】アジアの東西結ぶ拠点に 網家の蔡凱文総経理に聞く(06/02)

鴻海トップ、製造業はリージョナル生産へ(06/02)

TSMCの5ナノ増産投資、来年1Qに延期(06/02)

DRAM取引価格、直近1年で最高=集邦(06/02)

台湾サプライヤー、スマホ需要低迷に懸念(06/02)

5月の二輪車販売、2カ月ぶりプラス(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン