• 印刷する

テイクオフ:更新時期が近くなったの…

更新時期が近くなったのに、新しいキャッシュカードが届かなかった。この国でこういうケースは頻繁にある。やれやれ、と銀行窓口に出掛けると、一人の若い女性スタッフが親身に対応してくれたが、結局新カードを入手するまでに1週間かかった。

数日後、先の女性スタッフが再び連絡してきて、渡したいものがある、と言う。行ってみると、プレゼントだと言って毛糸の帽子を渡された。彼女のミスではなかったのだが、個人的な心付けだという。顧客を食い物にしてきた、として改革を迫られるオーストラリアの銀行業界にあって、こんな心のこもった温かいサービスを受けるとは。

この女性は、アフリカのザンビア出身だという。筆者の友人が医療ボランティアで行っている、と言った際に興味を示していたのを思い出した。故郷の話をもっと聞きたかったのかもしれない。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:乾燥した長い冬が終わり…(09/20)

豪8月失業率、5.3%に悪化 年内は雇用市場停滞か(09/20)

連邦、悪質サービス残業強要の刑事罰化も(09/20)

豪ヴァージン、羽田―ケアンズ便を検討か(09/20)

豪NZと最初にFTAを、英がEU離脱後に(09/20)

〔政治スポットライト〕豪州、国連気候サミットでの演説禁止に(09/20)

三井物産、バス海峡ガスプロジェクト売却へ(09/20)

米エクソン、バス海峡ガス合弁の権益放出(09/20)

NSW、韓KEPCOの炭鉱計画を却下(09/20)

オーリゾンが米鉄道企を提訴、豪事業売却で(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン