• 印刷する

テイクオフ:ふたを開ければ、韓国瑜…

ふたを開ければ、韓国瑜・高雄市長の圧勝。国民党の総統選に向けた予備選の結果を発表した翌朝の地元紙には「狂勝」の見出しが躍った。政策よりもユニークなキャラクターでのし上がってきた韓氏が、この勢いで台湾の総統にまで駆け上がってしまうかもしれない。

開票日の記者会見に、対抗馬の鴻海元董事長、郭台銘氏は最後まで姿を見せなかった。剛腕経営者として知られ、巨額の広告費を投じて自身の考えを訴えてきただけに、負けた姿は見せられないのだろう。先日の鴻海董事長の引退会見で、株主らの声援を受けて並々ならぬ決意を披露した姿を見ているだけに、こちらも今後の去就が気になって仕方がない。

国民党を去って無所属で出馬するとのうわさも流れはじめたが、当の郭氏は米国へ傷心旅行に出発したとか。個人的にはビジネス界での復活劇を期待しているのだが。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外貿協会、世界への医療物資供給網を構築(06/05)

新型コロナ感染者、4日連続ゼロ(06/05)

新型コロナ対策に次の一手 抑え込み成功も警戒緩めず(06/05)

コロナ治療用代替薬、研究・生産活発化(06/05)

台塑生医、コロナ検査キットを開発(06/05)

工研院、コロナの検査ボックス開発(06/05)

中華電信が5G免許取得、業界一番乗り(06/05)

スーパーマイクロ、台湾での投資継続(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン