中国恒大と国家電網、充電事業で合弁会社

不動産開発大手の中国恒大集団(広東省深セン市、チャイナ・エバーグランド・グループ)と送電大手の国家電網(北京市)はこのほど、新エネルギー車(NEV)向け充電スタンド事業を展開する合弁会社を設立した。NEVの普及が進む中、充電スタンド不足を解消する狙いがある。ニ…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

北部でバスが谷底転落、中国人13人死亡(08/22)

在留資格取り消し倍増、技能実習19倍に=18年(08/22)

テイクオフ:オフィス近くでボーリン…(08/22)

東北振興のカギは人材誘致 李首相が現地視察で強調(08/22)

深センと香港、経済・人材など4分野で競合(08/22)

上半期のロボット市場42億ドル、世界の3割(08/22)

中華電信など大手、華為スマホの販売再開(08/22)

オンラインギャンブル、ライセンス発行中止(08/22)

アップル、中国製の有機ELパネル採用か(08/22)

年金基金、18年の投資収益98億元(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン