中国恒大と国家電網、充電事業で合弁会社

不動産開発大手の中国恒大集団(広東省深セン市、チャイナ・エバーグランド・グループ)と送電大手の国家電網(北京市)はこのほど、新エネルギー車(NEV)向け充電スタンド事業を展開する合弁会社を設立した。NEVの普及が進む中、充電スタンド不足を解消する狙いがある。ニ…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者5人増、累計8万3022人(17:31)

産業相、中国からの工場移転で3カ国と対抗(14:48)

テイクオフ:先月末の世界禁煙デーに…(06/02)

原油価格、半年は低調推移 経済は2Qが底、MUFG予想(06/02)

地場携帯、中国から拠点移転 80億ルピー投じ印を輸出ハブへ(06/02)

「新1級都市」に合肥と仏山 顔ぶれ変動、民間ランキング(06/02)

中国アパレル大手、首都で新たに土地確保(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン